ホーム » VATA

VATA

アーユルヴェーダの考えのドーシャとは「体質」、あるいは「生命エネルギー」のこと。
私たちのカラダの中には「風」「火」「土」に象徴される3つのドーシャ
「ヴァータ(VATA)」 「ピッタ(PITTA)」「カパ(KAPPHA)」
が働いていると考えられています。

私は、ヴァータの質が多いです。
*ヴァータは身体の中で「思考」「会話」「消化」「排出」「循環」を制御しています。
●ヴァータの力は「風」のように乾き、軽く、微細で、不規則で、速く、動きがあり、変わりやすいという性質を持っています。
●バランスを崩すと、
落ち着かない、心配、心がかき乱される、不安定になる。
肌、髪、爪、大腸が乾燥する。
不規則、消化力が虚弱、便秘、お腹にガスが溜まる。
不眠になる。早口で止まらない。あるある。
私は、ヴァータの質も持っています♪
乾燥と言うことは、水分が足りない。。。

身体の殆どは水分です。良い水分環境が身体の健康を作り。心の安定させます。
また、脳の80%は水分だそうですよ。
脳の水分が足りないと、記憶力が失われるそうです。
知的作業に取りかかる前に0.5Lの水を飲むと効率し、
大人に有効なだけでなく子どもも集中力と記憶力が向上するそうです。

そっかぁ、、、だから学生時代の授業歴史や英語のような記憶力の科目が苦手なんだ。。。
と感心している場合ではない!せっせと、水分補給して、水分を満たすような生活習慣を身に付けないとね♪

VATAを花に例えると水仙だそうです。
好きなお花だから、知って嬉しい。
この花、良いですね~道ばたにも育つ冬から春にかけて咲き、凄くいい香りで、大好きです♪
少し調べました。
・漢名の「水仙」を音読みして「すいせん」になった。
「仙人は、天にあるを天仙、
地にあるを地仙、水にあるを水仙」
という中国の古典から。きれいな花の姿と芳香が、まるで「仙人」の ようなところから命名された。
・英名「ナルシサス」
ギリシャ神話の美少年の名前で、泉に映った自分の姿に恋をして毎日見つめ続けたら、いつのまにか1本の花になってしまった。”ナルシスト”の名はここからくる。 なるほど・・・
・イギリスの国花の一つです。イギリス、行きたい・・・

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに
*ピッタの「火」の原理は、
身体の中で経験を代謝し、その中から滋養のあるものを吸収し、そうでないものを除去します。
●ピッタは主に「消化」「解毒」「知的な識別」「視力」「色素」を制御しています。
●ピッタの性質は「火」のように熱く、明るく、激しく、鋭敏で、ピリッとした、鋭く、酸性です。
*カパが優勢な人は一般的に丈夫で安定しています。
●カパの「地」の性質は、重く、冷たく、固く、安定して、濡れていて、滑らかで、遅く、これらの要素が「地」の元素の中で顕現されています。
●カパは消化管を保護し、心臓・肺・脳・味覚を保護し、関節を滑らかにします。

ドーシャは、調べると楽しいので、是非調べて下さいね!