ホーム » ドーシャを整えたら、脳が高まった

ドーシャを整えたら、脳が高まった

ドーシャを、整える

アーユルヴェーダとは、インド発祥の東洋医学です。サンスクリット語のアーユス(生命)とヴェーダ(知識・科学)「生命科学」の意味を持ちます。現代ではWHO(世界保健機構)にも認定。インドやスリランカで日常に多く使用されています。
大きな特徴に『ドーシャ』と呼ばれる3つのエネルギー(風・火・水)での体質診断が、良く知られています。
「風=ヴァータ」風のように軽いエネルギー
「火=ピッタ」火のような熱いエネルギー
「水=カパ」水のような重いエネルギー
どんな方も3つ持っているのですが、その人それぞれで、優位なドーシャが異なり、ほとんどの人は、3つの要素を持っています。ます。そのドーシャのバランスが崩れると、体と心や精神が安定しないと言われています。

ドーシャを、整える!意外と当たり前のことですが、まとめてますので、ぜひ日常の生活習慣を整えましょう。
・過度ではない、暖かさを保つ
・バランス良い食事を摂る
・規則正しい時間で食事する
・飲みものは、温かいもしくは常温、
・カフェインは控えたい
・熱く過ぎないお風呂で温まる
・温めたオイルでセルフマッサージをする
・夜は、11時前には寝るように、もしくは床に着きましょう
・静かな休養をする
*お肌の悩みを解決するのにも役立つでしょう♪

最近、治療家の学びに夢中になり、どうやらヴァータが強くなりがちでした。生活習慣を見直します〜♪ん〜、カパに憧れます!(笑)
ヴァータが優位になっている時の私は、
カサカサした肌と感覚
リズムのある音楽を好む
忙しい
おしゃべりする時間が多い
人とでかける用事が多い
移動が多い
PCやスマホを見る
不規則な食事
消化力が弱い
コーヒーをよく飲む

『ヴァータを整えるためには
・アビヤンガ:からだへのオイル塗布はグラウンディング効果が高く滋養あふれるセルフケアです。皮膚は最大の内臓です。ですから、ヴァータを静めるごま油ベースのアシュワガンダバラやブリンガラジといったハーブオイルが適しています。ヴァータが特に高いときは、アビヤンガを毎日実践しましょう。そんな時間はないと思ったら、足の裏と頭頂に少量のオイルを塗り込んでください。
・ペースを落とす:同時に複数のことをこなせば注意が分散され、頭も散漫になります。すべての行動を集中して行うこと。それで生活に落ち着きが生まれます。急いでいろいろとこなさなければならない、などと思う必要はないのです。そんなことをすれば生きる喜びが味わえません。一度に1つだけをする。そして1つ1つの行動を称えてすべての意識をそこに注いでください。
・移動をやめて休息を:ヴァータは飛行機や電車、車などの移動で悪化します。移動をほどほどに抑えれば、自分を取り囲む世界の一部としての自分を探求することができます。反面、あまりに移動ばかりでは、ヴァータのバランスが乱されます。移動がある日はその前後にアビヤンガを。そして出来る限りの範囲内でディナチャリャに従いましょう。
・風の強い日や寒い日は首まわりと頭を覆う:似たものが似たものを引き寄せる…風の強い日は環境の中のヴァータが高いということ。つまりあなたのヴァータも増えるということを意味します。首の後ろと頭を守れば暖かいし、大地に根をおろすこともできます。
・食べることを神聖に取り扱う:aguniアグニすなわち消化の火が弱いときはヴァータが高いときです。ヴァータのバランスが乱れているときは、慌てて食べものをかきこんだり上の空で食事をしたりするようになり、これがますますアグニを弱らせます。食事時は100%食事に集中すること。きちんと座り、電話やテレビ、読書などで他に気を取られないようにしましょう。一口一口に注意を払い、口の中の食べものが液状になるまでよく噛みます。毎回の食事で、食べものを通して自然とつながるのです。
・モニターをのぞきこむ時間を減らす:テレビやタブレット、スマートフォン、パソコンなどを通して、あまりにも多くのものがモニターから目に飛び込んできます。これらのちかちかする画面はヴァータを悪化させます。ですから、どう使用するかは分別を持ってください。定期的に画面から目を離し、電子機器を使用する時間帯を決めましょう。このような道具はあなたが利用するものであり、あなたが利用されるものではありません。
・優しさと安らぎを:大音量の音楽や、長時間に渡る、ビートの効いたからだに響く音を避けましょう。人生の微細な領域にあなたを誘うような優しい活動を味わってください。自然の音が特に有効です。
・沈黙:ヴァータが高いことを示す動かぬ証拠の1つに、過度のおしゃべりがあります。 しゃべることは膨大なエネルギーを消耗します。ですから、生活の中に沈黙のゆとりを持つこと。これで1日を通してのエネルギー量を一定にしてつじつまを合わせることができます。朝、数時間の沈黙を実践すると、その日の目覚めにしっかりと波長を合わせることができます。ヴァータが高いときは、1日かそれ以上の沈黙を実行してください。』と、サイトに記してました。

また、『ヴァータ体質の人は、消化しやすいものを摂ることが理想です。また、冷えやすいので生野菜や冷たい食べ物をさけて温かいものを取るようにしましょう。食事中も、気分をリラックスさせて、ゆっくりと食べることが大切です。食欲にムラがあり、食生活が不規則になりがちな人が多い傾向ですが、朝食はしっかりとり、昼食を多めに、夜は軽く済ませると良いです。間食に甘いものを取ることもこのタイプの人にはオススメですよ。
オリーブオイルなどの上質なオイルは、乾燥しがちなヴァータ体質の人には向いている食べ物です。野菜を煮込んだポタージュスープにエキストラバージンオイルを垂らす等、積極的に摂るようにしましょう。』とも、記してました。

なるはど、と感心する位に当てはまるわぁ・・・
月曜日に アドバイスを頂きヒントを得て、ここ数日かなりヴァータ優位だと気づきました。
色々改善できることをしたら、心がワントーン落ち着きました。
食事が細くオイルを取らない傾向が有るので、お肌のためにオリーブオイルを小さじ1~2杯飲んでみた。

あら?なんかTVのクイズが、いつもより解けるし早いなぁ。。。
考えられる影響は、オイルの効果???
けど、オメガ3を撮ってないし、冴え方が違う感じだなぁ。。。
で、調べてみたよ。

「オレインフーズとして欠かせないオイルの一つが、エクストラバージンオリーブオイルであり、
植物由来の不飽和脂肪酸には、一価不飽和脂肪酸と価不飽和脂肪酸に分かれる。
オリーブオイルは、オレイン酸を主体とした一価不飽和脂肪酸オメガ9と呼ばれる
種類のオイルで、熱に酸化しにくいのが特徴です。
身体と脳に有益な作用をするオイルなのです。
オリーブオイルの中でもエクストラバージンオリーブオイルと呼ばれるものは、
最高品質のオリーブを圧縮した一番搾りで収穫したものです。
このエクストラバージンオリーブオイルにのみ、辛み成分であるオレオカンタールという
ファイトケミカルが含まれていて、オリーブオイルの喉にピリッとした刺激をもたらす。
オレオカンタールは脳に効能があります。」

やっぱり、脳の活性化によいのね。
ドーシャを整えたら、脳の働きが高まった。
外から、取り入れた食べ物や音、温度などで体が整い、自分が整う。
改めて、実感しました。ありがとう。

では、おやすみなさい。