ホーム » 筋肉の緊張を取り除き、病気にならない体を 

筋肉の緊張を取り除き、病気にならない体を 

去年の秋に、緩消法の疾患4ヶ月マスタープログラム修了しました。

緩消法とは、『筋肉を傷つけない』『筋力を低下させない』筋肉弛緩法です。
『痛み』『痺れ』『冷え』『つっぱり感』『だるさ』などの症状を無くす治療方法です。
体の中で一番厚みのある筋肉の場所『腰部』でもこのように筋肉が軟らかくなります。『 痛みで苦しむ人を、一人でも多く救いたい 』2007年に開発した新しい治療法”緩消法”(かんしょうほう)の普及を行っています。どこで治療しても痛みが治らないと訴える患者さんには、腰、臀部、足の痛みやしびれ、冷えなどを治すために行う”緩消法”を日本各地で教えています。医師・治療家などの医療従事者の方には、最短で痛みを消すことができる”緩消法”を伝え、下半身に限らず、肩こりや片頭痛など上半身の痛み、血行不良による病気の治療法を教えています。私も、18歳から32歳までの間、重度の腰痛で苦しみ、オムツ生活も体験いたしました。その間、50か所以上の病院や神の手と言われる治療家も訪ね歩き来ましたが、 結局最後は寝たきりになってしまいました。寝たきり患者が、治すきっかけとなったのは、痛みの原因を知ったことです。
慢性痛(腰痛など)の原因 = 筋肉の緊張

これは20年以上も前から、西洋医学では「Muscle strain」(筋肉の緊張)と言われ周知されている事実です。「痛みの原因が筋肉の緊張」ならば、「筋肉を軟らかくすれば痛みが消える」ということです。2007年に開発した”緩消法”は、筋肉を傷つけず、筋力の低下を起こさず筋肉を軟らかくする今までにない治療方法です。この”緩消法”を利用して、一番簡単に筋肉を軟らかくできる場所が腰です。この一番簡単な腰の筋肉を軟らかくする方法を、一般の腰痛患者さんに覚えていただき、自分で治していただくのが『腰痛アカデミー』です。”緩消法”を日本国民の皆様が覚えていただければ、腰痛は無くなります。

講師:坂戸孝志 痛みに関する研究の第一人者。専門は「筋肉生理学」
18歳の時、事故により重度の腰痛を発症。総合病院や日本中の治療院を渡り歩き300万円以上を投資したが症状は回復せず、寝たきりの生活となる。そして「誰にも治せない痛みは、自分で直すしかない」と覚悟を決め、海外の研究資料をヒントに筋弛緩法を考案。腰痛を克服することに成功した。その後、3000名を超える難治症患者の協力を経て筋弛緩法の改良を重ねた結果、2012年1月に日本統合医療学会で発表され、国立情報学研究所「Ciinii Articles」に論文登録されることとなる。

もともと、筋肉の緊張が強い体質です。
力を入れて使うことをしていました。
強いマッサージを受けていました。
強いストレッチをしていました。
間違った知識を教えられました。

そのため、一時的には緩和してもまた硬くなる、の繰り返しでした。

この自分で出来る手技をマスターして、驚くほど体が楽になりました。自然に柔軟性の出ます。
かなり、微妙な手技で繊細な感覚が必要ですが、なんちゃって緩消法は楽に知ることが出来ます♪
ヨガのポーズするときも日常もかなり役立ちます。知りたい方は、クラス後などに聞きにいらして下さいね。
緊張の無い筋肉は、血液の流れがとてもとても良きなり、病気になり難い体になります。
ちなみに、坂戸先生の生活はびっくりするほど、、、ですが、風邪一つひきません!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは。良い日を♡